クトゥルフ神話TRPGシナリオ集 「animosity-憎悪-」

クトゥルフ神話TRPGシナリオ集 「animosity-憎悪-」

  • ダウンロード商品
    default
    ¥ 700

憎悪に関わるシナリオを4作収録! それぞれ2作ずつ、キャンペーンシナリオとしても回せるようになっています。 また、オンラインセッションに使っていただける画像データも付属します。 ◆シナリオ概要 01:想いは陽炎の如く WRITTER :レオ 探索者達は知人である「津々見 京香(27)」から仕事の手伝いを欲しいという連絡を受け、 彼女の家へと向かうことになる。 雑誌の記者である彼女は、見た目こそ良いもののその男勝りな性格なため現在に至るまで独り身である。 探索者達は彼女から何度か依頼を受けそのたびに彼女に振り回されていた。 探索者同士知り合いである必要はないが、知り合いである方がスムーズに進められるだろう。 02:無常の風は時を選ばず WRITTER :レオ 探索者達は、前回に続き知人の観光雑誌記者である「津々見京香」から依頼を受け、 広島県庄原市の外れに位置する「夕凪村」へと赴くことになる。 いつものように詳細な事は告げずにとりあえず自宅へと招く津々見。 しかし、玄関を開けて探索者達を出迎えたのは以外な人物であった。 前作「想いは陽炎の如く」の続編に当たるため、 前作で使用した探索者を続投することが望ましい。 そうでない場合、最低1人は前作経験者が必要になる。 新規探索者を使用する場合は、 正義感の強い探索者や積極的なRPを行える探索者であることが望ましい。 03:怨恨の果てに WRITTER :天 探索者は親しい友人横尾 咲子と連絡がつかないと、横尾 咲子の友人から相談を受ける。 親しい友人である探索者は横尾 咲子の住んでいる街、「浦見町」に向かう。 そして横尾 咲子の自宅を訪れてみるが彼女の姿はそこになく、残されたのはスマホだけだった・・・ この町ではどうやら最近失踪事件が連続で起こっている事を知る。 彼女の安否はわからないまま、探索者達はこの事件について調べることになるが・・・ 04:怨恨の終焉 WRITTER :天 ある夏の日、探索者の電話が鳴る。 電話の相手は探索者のよく知る友人からであった。内容は、とある田舎へと旅行に行かないかという誘いであった。 探索者は了承し、田舎へと旅行に向かうのであったが・・・ 「怨恨の果てに」の後の話となっている為、キャンペーンとしてまわすことも可能です。 ◆仕様 こちらはゲームマーケット2018春にて頒布しましたものに、簡単な修正を施しPDF化したものとなります。 各種ダウンロードコンテンツも同封します。 形式:PDF ページ数:165

商品の発送について
倉庫から発送

BOOTHの倉庫から配送される商品です。入金が確認され次第、発送されます。

自宅から発送

出品者自身が梱包・配送します。「発送までの日数」は、BOOTHでの入金確認が完了してから商品が発送されるまでの予定日数です。
あんしんBOOTHパック で発送予定の商品は、匿名で配送されます。

ダウンロード商品

入金が確認された後に「購入履歴」からいつでもダウンロードできるようになります。

pixivFACTORYから発送

pixivFACTORY が製造・配送する商品です。入金が確認され次第、製造されます。

憎悪に関わるシナリオを4作収録! それぞれ2作ずつ、キャンペーンシナリオとしても回せるようになっています。 また、オンラインセッションに使っていただける画像データも付属します。 ◆シナリオ概要 01:想いは陽炎の如く WRITTER :レオ 探索者達は知人である「津々見 京香(27)」から仕事の手伝いを欲しいという連絡を受け、 彼女の家へと向かうことになる。 雑誌の記者である彼女は、見た目こそ良いもののその男勝りな性格なため現在に至るまで独り身である。 探索者達は彼女から何度か依頼を受けそのたびに彼女に振り回されていた。 探索者同士知り合いである必要はないが、知り合いである方がスムーズに進められるだろう。 02:無常の風は時を選ばず WRITTER :レオ 探索者達は、前回に続き知人の観光雑誌記者である「津々見京香」から依頼を受け、 広島県庄原市の外れに位置する「夕凪村」へと赴くことになる。 いつものように詳細な事は告げずにとりあえず自宅へと招く津々見。 しかし、玄関を開けて探索者達を出迎えたのは以外な人物であった。 前作「想いは陽炎の如く」の続編に当たるため、 前作で使用した探索者を続投することが望ましい。 そうでない場合、最低1人は前作経験者が必要になる。 新規探索者を使用する場合は、 正義感の強い探索者や積極的なRPを行える探索者であることが望ましい。 03:怨恨の果てに WRITTER :天 探索者は親しい友人横尾 咲子と連絡がつかないと、横尾 咲子の友人から相談を受ける。 親しい友人である探索者は横尾 咲子の住んでいる街、「浦見町」に向かう。 そして横尾 咲子の自宅を訪れてみるが彼女の姿はそこになく、残されたのはスマホだけだった・・・ この町ではどうやら最近失踪事件が連続で起こっている事を知る。 彼女の安否はわからないまま、探索者達はこの事件について調べることになるが・・・ 04:怨恨の終焉 WRITTER :天 ある夏の日、探索者の電話が鳴る。 電話の相手は探索者のよく知る友人からであった。内容は、とある田舎へと旅行に行かないかという誘いであった。 探索者は了承し、田舎へと旅行に向かうのであったが・・・ 「怨恨の果てに」の後の話となっている為、キャンペーンとしてまわすことも可能です。 ◆仕様 こちらはゲームマーケット2018春にて頒布しましたものに、簡単な修正を施しPDF化したものとなります。 各種ダウンロードコンテンツも同封します。 形式:PDF ページ数:165